COLUMN

アキスクコラム

  1. HOME
  2. コラム
  3. 空き家について
  4. 【簡単買取】空き家を早く売却できるのは業者買取、理由や流れもご紹介

【簡単買取】空き家を早く売却できるのは業者買取、理由や流れもご紹介

「空き家を買い取ってもらいたいけどどうすればいいの?」「買取と仲介は何が違うの?」
そう疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

空き家の売却方法は、不動産会社を仲介して個人に売る方法と、不動産会社に直接買取してもらう方法の2つがあります。

両者の違いはどこにあるのか。なぜ買取業者が選ばれるのか。
その理由や空き家買取の流れ、おすすめの買取業者をご紹介しました。

また、「空き家を早く処分したいとき」「空き家を高く売りたいとき」「空き家が売れないとき」
この3つのシーンに分け、売却方法も解説しています。

本記事を読んで、あなたが空き家を手放すきっかけとなれば幸いです。

先に知っておきたい仲介と買取の違い

不動産業者に空き家を売る方法は、「仲介」と「買取」の2種類に分けられます。
ここではまず、「仲介」と「買取」の違いをご説明します。

仲介買取
買主個人のお客様不動産の買取業者
売却価格買取より高め市場より安め
売却手続きの期間平均で3~6カ月交渉成立で即売却

不動産の仲介と買取には、「買主」「売却価格」「売却手続きの期間」など、大きく分けて3つのポイントで違いがあります。
「仲介」「買取」のそれぞれにメリット・デメリットがあるので、その辺りを考慮して空き家の売却を検討してみてください。

なお、買主とは以下の人を指します。

買主とは

空き家を購入する個人や業者のこと。

買主の違い
  • 仲介:個人のお客様へ、不動産業者が空き家を紹介する。
  • 買取:不動産の買取業者が、再販売を目的に空き家買取(リノベーションやリフォームも業者負担)
売却価格の違い
  • 仲介:高く売却できるが、仲介手数料も発生する。
  • 買取:修繕費用や広告料も差し引かれ、少し低めに見積もられる。
売却手続きの期間
  • 仲介:地域で需要にバラツキがあり、年単位の売れ残りもああり得る。
  • 買取:売却スケジュールが調整でき、交渉成立後はすぐ買取も可能。

【おすすめ】空き家の買取業者

まずは、イチ押しの空き家買取業者をご案内します。

会社名住所仲介/買取特徴
クオーレ不動産愛知県大府市柊山町8-53-2買取不動産売却の無料相談が可能。いつでも気軽に問い合わせできます。
不動産買取MAX神奈川県横浜市港北区日吉本町 1-6-17仲介仲介手数料は無料・正規手数料の半額・満額の3種類が用意されています。
カチタス全国に100店舗買取地域に根差した買取を展開。年間4,000戸の物件を取り扱っています。
空き家買取専科静岡県静岡市駿河区川原6-26-14買取創業以来150件以上のリノベーションを実現。空き家を活用しています。
イエチカドットコム京都府京都市右京区嵯峨天龍寺若宮町31買取買取強化中であれば、見積りから最短3日で査定できます。

空き家の事情や買取価格など、しっかり相談にのってくれる業者を選んでください。

「遠くに住んでいるから管理できない」「売りたいけど、どうすれば良いかわからない」
空き家には、人によってさまざま事情もあります。

外観や築年数だけでは計り知れません。
だからこそ納得できるまで買取業者と話し合い、空き家を買取してもらいましょう。

空き家を処分する3つの方法

「空き家を処分をしよう」と決めたら、どんな方法で売却するかを選びましょう。
「買取業者に依頼して早く処分する」「仲介して高く売る」「自治体に寄付する」など、
都合に合わせて、どれが相応しいか考えましょう。

売れ残っている状態であれば、別のアプローチも必要です。
売却の種類と売れ残りの対応を確認しましょう。

早く処分するなら買取業者に依頼

早めに空き家を売却したいなら、買取業者をおすすめします。
「老朽化してるから買主が現れないかも」「空き家を早く手放したい」
その問題をクリアする方法が、買取業者への依頼です。

条件交渉さえ成立すれば、余計な手間や時間もかかりません
都合の良いタイミングで、売却できますよ。

まずは、無料で売却条件や見積価格を相談できるので、弊社クオーレ不動産にご相談ください。

高く売るなら仲介売却

「相続したからには高く売りたい」という場合、仲介業者へ売却しましょう。
不動産売却には、仲介と買取があります。

相場の金額で売却するには、買主が現れるまで待つしかありません。
売りに出した空き家を気に入ってもらえなければ、売れるまで保留状態です。

希望どおりの不動産価格で売却したいなら、仲介売却のタイミングを待ちましょう。

なかなか売れないなら自治体などに寄付

お金になるわけではないためあまり取りたくない方法ですが、買取業者や仲介業者で売却できない場合は、自治体へ寄付しましょう。

空き家の寄付が受け入れられるケース
  • 公民館や防災倉庫として活用
  • ポケットパーク(住宅街の小規模公園)を開設
  • 移住希望者の住まい
  •         
  • 文化や歴史的価値の保存

このような条件に当てはまれば、寄付に対応してもらえます。

空き家を早く処分したいなら業者の即時買取

なるべく早めに処分したい場合は、即時買取に対応した業者を選びましょう。
即時買取は、3〜7日程度で空き家を買い取ってもらえます。

日数は業者によりますが、おすすめの理由も以下で確認してください。

仲介売却は売れるまで時間がかかる

仲介と即時買取では、売れるまでかなりの時間的な差があります。

申し込みから売れるまでの期間(戸建て)

仲介即時買取
3~6カ月3〜7日

仲介業者を経由すると、さまざまな点で準備も必要です。

空き家を売却する準備
  • 空き家を売却する準備
  • 売り出すための事前調査や内覧
  • ハウスクリーニング
  • チラシやネット広告に掲載する写真撮影
  • 販売活動(見学会の実施など)
  • 契約書の作成や事務手続き

空き家を放置すれば行政代執行の可能性

空き家を売るには、中古住宅の市場へ飛び込まなければなりません
ですが、即時買取はそのまま売却できます。
ただし、仲介でリノベーションをする場合、売却までの期間はもっと伸びるでしょう。

適正に管理されない空き家は、「空家等対策特別措置法」の対象です。
自治体から何度も注意されている。それにも関わらず改善されていない。
その場合は行政が所有者に代わって、空き家を解体する可能性があります。

もちろん行政代執行の費用は、所有者へ請求されます。
安い解体業者を選ぶとは限らないので、一般より高額になるケースもあるでしょう。
仲介業者からの連絡を待つより、即時買取で早く売却したほうが良いですよ。

こちらの記事もチェック☑

空き家対策特別措置法とは?所有する空き家との関係や目的を解説

自治体への空き家の寄付は年々難しくなっている

空き家の寄付は、全国の自治体で受け入れられるわけではないのです。
「無料だから受け取ってもらえるだろう」という考えには注意が必要です。
受け入れが可能な自治体でも、厳しい条件を設けています。

山形県鶴岡市では寄付された空き家を解体し、低価格の土地として販売しています。
補助制度の利用は、中心部の地価に影響を与えない設定です。
その設定が、「販売価格の10%」「上限30万円」。

ただし、その価格で空き家を購入できるのは、子育て世帯や転入者に限定されています。
どんな条件が提示されるかは、それぞれの自治体へお問い合わせて確認しましょう。

空き家の査定から売却までの流れ

空き家を売却するなら、空き家の査定〜売却までの流れを把握しておいて損はありません。
流れに沿って説明していきます。

1.空き家の売却相談と査定依頼

まず、空き家の売却を決めたら、業者の担当者と相談してください。
空き家の状態を伝え、現地訪問またはWEB上で査定をしてもらいます。
「売るかどうか迷う」「まだ決めていない」
そんな気持ちの場合は、データに基づいた簡易査定でも問題ありません。

2.空き家の査定価格のご提示

複数の業者の空き家査定を受け、提案された価格を比較してください。
ネットで情報を収集し、ある程度の相場も調べましょう。

ただし、空き家は1軒1軒事情が違います。
査定金額に納得できたら、業者との契約へ進みます。

3.契約条件の打ち合わせ

契約条件を確認しましょう。
お互いの認識に間違いはないか。不足した部分はないか。
1つ1つ丁寧に打ち合わせます。
疑問があれば、この段階で質問してください。

4.不動産売買契約の締結

滞りなく打ち合わせが終われば、あとは不動産売買契約を結びます。
印鑑や必要書類を用意し、間違いのないよう手続きしてください。

念のため、買取業者には持ち物の確認をするようにしましょう。
「こんなはずではなかった」「最初の話と違う」
そんなトラブルを避けるためにも、契約項目はちゃんとチェックしましょう。

5.引き落としや決済

契約がまとまれば、あとは引き渡しと決済です。
ほぼ銀行の別室で行われ、振り込みまたは現金で支払われます。
その際に必要となる書類も、事前に買取業者へ確認しておきましょう。

クオーレ不動産では、無料査定を実施しています。
例えば「住んでいる場所は関東だけど、空き家は関西にある」
そんな場合でも、全国対応なので心配はありません

各エリアごとに協力体制が敷かれているため、どこに住んでいても大丈夫です。
「うちの物件はどうだろう」と思ったら、まずはお気軽にお問合せください

まとめ

空き家を早く処分するには、即時買取が1番です。
高く売りたいなら仲介売却ですが、いつ売れるかはわかりません。

空き家を放置すれば、行政が所有者に代わって空き家を解体します。
「それはちょっと待って欲しい」と思っても、聞き入れてもらえない可能性があるでしょう。

しかも行政代執行の費用は所有者持ちです。
自治体への寄付も難しいため、業者で買取してもらったほうが早く片付きます。
「できるだけ早めに空き家を手放したい」
そう希望される方へ、おすすめの買取業者をご紹介しました。

「空き家を売ろうかどうしようか」と迷っているなら、気になる部分をお問い合わせください。

関連記事

空き家のお悩み、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

営業時間:年中無休 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ