COLUMN

アキスクコラム

  1. HOME
  2. コラム
  3. 空き家について
  4. 空き家処分ってどうやるの?処分の方法や不用品の処理方法も解説

空き家処分ってどうやるの?処分の方法や不用品の処理方法も解説

空き家処分を思いついても、どうすれば良いかわかりませんよね。
なんとなくイメージできるけど、何から手をつければ良いか迷う。
どんな方法があるか知らない。

ここでは、そんな空き家の処分手段や処理方法を解説します。
その際の注意点、残された不用品の片付け方法もご紹介しました。
空き家処分の参考にお役立てください。

空き家処分の方法

空き家処分には、4つの方法があります。

空き家を解体する

誰も住みそうにないなら、空き家を解体しましょう。
人里離れた地域や山間部にあれば、不動産として買い手がつかないかもしれません。
Uターンする若者もいない。引き取り手が現れない。
管理できる人がいなければ、解体以外の方法を探すことは難しいです。

メリットデメリット
「特定空き家」の指定を回避できる
近隣に迷惑をかけない
更地を売却できる
駐車場や資材置き場に使える
解体費用の負担がある
固定資産税の減免を廃止される
不法投棄の恐れがある

こちらの記事もチェック☑
実家の処分にかかる解体費用はいくら?相場や補助金制度を教えます

空き家を売却する

中古住宅として住める状態なら、空き家を売り出しましょう。
建物はそれほど劣化していない。交通アクセスも悪くない。
スーパーや病院が近い。周囲の治安も良い。
ある程度の条件がそろうなら、売却してすっきりしてください。

メリットデメリット
解体費用の心配がない
売却した金額が手に入る
固定資産税を抑えられる
売れるかどうか不透明
リフォームを求められる
売れるまで維持管理が必要

こちらの記事もチェック☑
空き家を売りたい方必見!売却方法や高く売るためのコツとは?     

空き家を貸し出す

ニーズがありそうなら、空き家を貸し出す選択もあります。
実家を解体したくない。手放すには抵抗もある。
貸主として経営できれば、空き家をうまく活用するお手本になれるでしょう。

メリットデメリット
毎月賃貸収入を得られる
手元に空き家を残せる
管理の手間から解放される
リフォームを問われる
インフラ等の管理責任が生まれる
借主がいなければ収入にならない

空き家を譲渡する

最終的に行き詰ったら、空き家を譲渡してください。
譲渡とは、無償で誰かに譲ることを意味します。

<譲渡先の候補>

  • 友人や知人、地元の地権者
  • 不動産会社
  • 空き家バンク
メリットデメリット
管理の手間から解放される
売却や賃貸より早く処分できる
仲介手数料なし
取引き相手で税金が異なる
法人に譲渡したら「みなし譲渡税」が発生

これだけは確認して欲しい!空き家処分の注意点

空き家処分で、気をつけて欲しいポイントを3つご説明します。

相続した空き家は事前に名義変更が必要

どんな方法で空き家を処分するにしても、相続すれば名義変更が必要です。
これまで任意だった手続きは、2024年(令和6年)4月1日から義務化されます。
手続きしなければ、相続した所有者には10万円以下の罰金も命じられるでしょう。
そうならないよう事前に名義変更をしてください。

<手続きの流れ>

名義変更は、空き家所在の法務局で行います。
法務局は各都道府県に開設。
県庁所在地以外は、支局や出張所で対応可能です。

  1. 登記事項証明書(登記簿謄本)の請求(窓口・郵送・オンラインのいずれかで申請してください)
  2. 役所で戸籍謄本・住民票・固定資産評価証明書を取得
  3. 相続登記申請書類の作成(書き方は法務局のHPに見本あり/専門家に相談しても可)
  4. 法務局へ登記申請書や必要書類を提出

ただし、空き家の所有者によって、用意する書類もこの限りではありません。
現時点で祖父や祖母が名義人であれば、相続対象者の書類や印鑑が必要です。

<名義変更に必要な手数料>

発行書類手数料
登記事項証明書(登記簿謄本)書面請求:600円/オンライン請求と送付:500円
オンライン請求と窓口交付:480円
戸籍謄本450円(除籍謄本も必要であれば750円)
住民票300円~400円(自治体により異なる)
コンビニ交付:200円
固定資産評価証明書200円~400円(自治体により異なる)

専門家に依頼すれば簡単です。
ただし、不動産価格や地域によって、40,000円〜100,000円の費用負担も見込まれます。

家を解体すればお金がかかる

空き家解体には、想定以上の費用が発生する可能性もあります。
解体費用に影響する項目は下記になります。

  • 周辺の道路状況や環境
  • 損壊や倒壊の具合
  • 建物の構造(鉄骨造り・鉄筋コンクリートなど)
  • 建物の面積
  • 浄化槽の有無

一般的な解体費用は、約100万〜300万と言われています。
重機が入れない路地の家や敷地いっぱいの家屋は、解体費用も高くなるでしょう。

<費用を抑える対策>

  1. 季節を選ぶ(梅雨や台風時期を避ける/工事を停滞させない)
  2. 現場近くの業者に依頼(重機を使う使用時間を増やす)
  3. 繁忙期を避ける(平均的な閑散期:4月~11月)

複数の業者を比較して選んでください。

需要のない物件は買い手がみつからない可能性もある

空き家をそのまま売りに出しても、すぐ買い手が現われるとは限りません。
リノベーションブームに乗れなければ、空き家管理から解放されないでしょう。

<中古住宅が売れない理由>

  • 物件に魅力がない(劣化が激しく手入れされていない)
  • 交通アクセスの負担(駅やバス停から遠い)
  • 個性が強すぎる(二世帯住宅や平屋)
  • 営業活動の低下(広告不足)
  • 価格の問題(相場より高い)

中古住宅を選ぶ人は、思っている以上にシビアな目線を注ぎます。
「安いからこれぐらいで良いだろう」「あとはそっちでリフォームして欲しい」
そんな気持ちで対応すれば、スムーズな売却も難しいでしょう。
お互いさまざまな条件で交渉するため、場合によっては不要な空き家を抱えます。

空き家に残る不用品の処理方法

空き家に残る不用品を処分してください。
処理方法も4つまとめたので、なるべく早めに片付けましょう。

自治体の粗大ゴミに出す

自治体の粗大ゴミ回収であれば、不用品の処分費用も少なくて済みます。
地方は無料が多く、都市部でも高額にはなりません。

例)東京都江戸川区

品目手数料
BSアンテナ400円
ゴルフ用具400円
ベッドマット1,200円

ただし、1度に搬出できる個数や回収時期が決められています。
すぐ回収してもらえないので注意してください。

不用品回収業者や解体業者に処分を依頼する

不用品回収業者や解体業者であれば、連絡してすぐ処分してもらえるでしょう。
自治体のような制限はありません。
品目(家電リサイクル品や危険物以外)に関係なく対応可能。
処分に困る大量衣類や古いタンス、大きな家具も持って行ってもらえます。

金庫から昔の紙幣が発見された。押し入れの奥に絵画があった。
種類によっては買取してくれる業者もあり、不用品回収の費用負担を減らせます。

こちらの記事もチェック☑
空き家の片づけ業者の費用相場は?サービス内容や片付けのコツもご紹介!

リサイクル業者に買取を依頼

売れそうな不用品なら、リサイクル業者に依頼してください。
店頭へ持ち込めない場合は、出張買取も選べます。

買取価格の相場例

品目扇風機ロードバイク物置小屋鏡台
買取価格300円~1,000円25,000円55,000円8,800円

もちろん不用品の状態、メーカーによって買取価格も増減します。
どうせ捨てるなら、その前にリサイクルショップを活用しましょう。

無料見積もりで整理しよう

不用品回収業者・解体業者・リサイクル業者、それぞれ見積りが重要です。
引き取り費用はいくらか。買取価格はどのくらいか。
どこの業者で処分するにしても、いくつか比べて判断しましょう。

納得できなければ保留。
フリマやオークションへ出品し、自分で断捨離してもかまいません。
ただし、梱包や発送の手間を考えれば、業者を利用したほうが便利です。

業者が多すぎてどこへ頼めば良いかわからない。
できれば1度に済ませたい。
そんな希望があれば、買取専門店の「ウリエル」を訪れてみてください。
見積り無料。その道のプロに査定してもらえますよ。

まとめ

空き家処分は、解体・売却・貸し出し・譲渡から選べます。
相続した場合の名義変更を忘れないでください。
解体費用や売却リスクも考えましょう。
残った不用品をキレイさっぱり片付け、その勢いで空き家も処分してください。

関連記事

空き家のお悩み、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

営業時間:年中無休 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ